【8月31日まで】レビュー投稿者全員に最大4,000円分amazonギフト券プレゼント

【換金率はどれくらい?】キャッシングやリボ払いとの違いを徹底解説

クレカの現金化を検討するとき、もっとも重要なポイントとなるのが換金率ではないでしょうか。緊急時の現金調達の方法として優れているクレカの現金化ですが、あまりに換金率が低いと気が進まないですよね。

そこで今回は、実際にクレカの現金化をするときの換金率の目安や、またよく比較されるキャッシング・リボ払いとの金額的な違いなどについても併せて説明していきます。

現金化とキャッシングの比較

まず前提として、クレカにはショッピング機能キャッシング機能の2つがあります

キャッシングはそのまま現金を借り入れできる機能となっており、ショッピング枠を利用するクレカの現金化とはシステムがまったく異なります。

いずれもクレカを利用した現金調達の方法ということで、何かとショッピングと現金化は比較されることが多くなっています。

実際のところ、どちらが得かは一概に言えませんが、クレカのキャッシング金利は概ね18%前後と言われています。一方、現金化の際は換金率次第で実質的な金利も変わります。目安として概ね85%以上で換金化ができれば、ショッピングと比較しても、それほど損をしない金利で現金化できると考えて良いでしょう。

またキャッシングをしたいときと現金化をしたいときとではシチュエーションが異なるかと思われますので、一概に金利のみで比較するのは難しいかもしれません。できれば両方のサービスを状況に合わせて上手く使いこなせるのが理想的です

現金化でリボ払いを選択する利点とは

当然のことですが、クレカで現金化をしたときは、翌月以降にその利用分を支払うことになります。現金化で現金を調達した後には、支払いのことについても考えなくてはなりません。

そして一括での支払いが厳しいときには、リボ払いを活用する方法もあります。リボ払いを使えば、10万、20万といった高額なクレカの利用をしても、支払いを毎月5,000円といった一定額で抑えることができますので、一回一回の支払いに関する負担を軽減できます。

リボ払いの利用方法ですが、手続きもクレカのマイページ内から設定できることが多いので、スマホやPCから数分ほどで手続きが可能です。

ただし、既にご承知おきされている人も多いかと思いますが、リボ払いには見逃せない注意点があります。リボ払いは一見、非常に便利なサービスに見えるかもしれませんが、一度の支払いが少なくなる分、完済まで時間がかかりやすくなります。また一回払いと違って利息が発生するので、数か月支払いを続けていてもなかなか元金が減らない、という事態に陥ることも少なくありません。

せっかく高い換金率で現金化ができていても損をしてしまうかもしれません。リボ払いを利用するときには、事前に支払いに関する計画を立てておく方が賢明でしょう。

クレカ現金化における換金率の目安

それでは、クレカ現金化における換金率の目安についてですが、一つの目安として80%から95%前後となるケースが多くなっています。

なぜこれほど換金率に上下があるのか、疑問に感じる人も多いでしょう。換金率は購入する商品とどの業者を使って換金するかの大きく2つの要素によって変わってくるためです

Amazon府ギフト券やJCBギフト券をはじめとする金券各種のように換金率の高い商品を、換金率の高い現金化業者で換金すれば、90%以上の現金にすることも十分に可能です。そのため、必要な金額から逆算して、換金率の良い商品、どの業者に頼むのが良いかも事前に吟味しておく方が間違いがありません。

また+αの要素として、新規利用者の換金率アップといった各業者ごとに独自での換金率アップキャンペーンが行われることもあるので、各業者の最新情報をチェックするのも忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA