【損をしないために】クレジットカード現金化業者を3社厳選!

【あまり知られていない?】クレカの現金化は合法?考えられるリスクとは【リスクを徹底解説】

クレカの現金化は困ったときにすごく役立つ金策ですが、法律的な観点から見たとき問題がないのか、不安に感じる人も少なくありません。そうした疑問を解消するため、本記事ではクレカの現金化が合法なのか、かみ砕いて解説していきます。

また、合法かどうかということだけではなく、クレカ現金化に伴うさまざまなリスクについても紹介していきます。現金化のリスクに関してさまざまな不安がああるという人はぜひ参考にしてみてください。

原則、クレカの現金化は合法

筆者作成

まず、結論からお伝えしますが、基本的にクレカの現金化を行ったからといって、法律に抵触することはないと考えて良いです。初めから換金目的で購入したと言ってしまうと少し事情は変わってきますが、購入したものが不要になったから売却するという行為自体には大きな問題はありません。

インターネットで検索すると、さまざまな法に抵触する危険性があると記載したページもありますが、現金化の行為が違法ということになると、購入した後に不要になったものを処分したり、また家族や恋人、友人へのプレゼントをカードで決済したりすることも合法ではないことになってしまいます。

もちろん、クレカの現金化という利用方法そのものは、推奨されるクレカの使い方ではありません。しかし、行為そのものは原則合法として扱われますので、よほどのことがない限り、法に触れることはないでしょう。

詳細はここでは割愛しますが、現金化の方法も大きく買取型・キャッシュバック型との2種類があり、キャッシュバック型の方は特に安全性が高くなります。どうしても不安が残るという人はキャッシュバック型の現金化を検討してみるのも一つの手です。

参考 【高換金率を厳選】クレジットカード現金化業者3選【現金化おすすめ】

クレカの利用規約違反になるリスクはある

筆者作成

クレカの現金化は上記でもお伝えしたように合法です。しかし、法律とは別に、クレカの会社が定める利用規約違反になってしまう危険性は十分に考えられます。つい混同してしまいやすいのですが、法律と各社が定める規約とはまったくの別物なので、注意しましょう。

実際にクレカの会社から利用方法が規約違反と判断された場合には、最悪クレカの利用停止といった措置が取られることもあります

心配な人は事前に自分のクレカを使った人の口コミやブログを覗いて情報収集しておくと良いかもしれません。先ほども記載したように規約違反の見なし方やその後の措置に関しては各社によって変わってくるため、一律の定義を定めるのは難しいのです。

自己破産が難しくなる場合も

筆者作成

また、クレカの現金化は合法でも、その行為が借金で困り果てたときの最終手段である自己破産ができなくなる理由となってしまうこともあります。この点もクレカの現金化をする際に胸に留めておく必要がある注意点です。

これは法律にも定められており、クレカの現金化と見なされる利用方法は破産法252条1項2号の「不利益な条件で債務を負担した」ものと見なされるのです。もし、自己破産しようと手続きを進めたときに、クレカ現金化のことが知られてしまうと、免責不許可事由となり自己破産が認められない場合もあります。

利用額に対して、損をすることがある

筆者作成

これは現金化をする際、ある程度は仕方がない部分ではあるのですが、クレカの現金化そのものは合法であったとしても、上手くやらなければ負担額に対して手にする現金が極端に少なくなることも考えられます。

そのように大きな損をしない現金化をするために、現金化の際に利用する業者をよく吟味する必要があるのです。また、業者を慎重に選ぶということは、これまで紹介してきたクレカの現金化から起こりえるさまざまなデメリットを防ぐことにも繋がるのです。安全に、合法的にクレカの現金化を行なうためにも間違いのない業者を選ばなくてはなりません

関連【ポイントは4つのみ】クレジットカードを現金化するまでの流れを簡単解説【初心者向け】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA